■ホーム

【問題】 野球の最小投球数



プロ野球の試合で、ある投手がそのゲームで最初から最後まで一人で投げきり勝利投手となりました。この投手は、考えられる最小の投球数で勝利投手となりました。さて何球投げたでしょうか。ただしボークはしなかったものとします。



■ヒント
■正解


[前の問題に挑戦]
[次の問題に挑戦]







■ホーム


このページの内容は著作権で保護されています。いかなる場合でもコピー、転載することは出来ません。
Copyright(C) 2007-2018